車の購入 残価設定プラン

自動車乗った分だけお支払とは

お得な買い方とは

新車を乗った分だけお支払いというCMが以前あったと思いますが自動車の支払いついてご説明したいと思います。

簡単に説明すると販売した車の価値が3年後、または4年後にはいくらになるのかをディーラーが決めます。
仮に300万円の車を3年後には200万円になると決めます。
それによってお客さんは車両代を300万円全額ではなく価値の200万円を引いた100万円だけ払ってもらえばいいという考えかたです。
これによって今までに高くて手が出せなかった車や、乗ってみたかった車など安価で乗ることができます。
3年後にはディーラーに返却するか、全額支払って乗り続けるか再度検討できます。
これからのライフスタイルによって自動車の大きさや、必要性などが変わりますのでそれに応じた車種が選べてとても便利な制度になっています。
万が一自動車を返却してもディーラーは中古車として販売することができるのでディーラも全く問題がありません。
せっかく新車を検討しているのであればお得な支払い方法ですので検討されてみてはいかがでしょうか。

 

自動車査定【愛車のj高額買取はこちら】

トヨタ車を購入し、8年後に売却しよう

購入時には売却時を考えて

新車であろうと中古車であろうと、購入時にまず重視するのは、車両価格がいくらで、予算がいくらかということでしょう。車両の形状が軽自動車なのか、セダンなのか、ミニバンなのか、SUVなのかといったところも重要ですが、AとBという車が似たような機能やスペック、形状であれば安い方を選択してしまうのではないでしょうか。しかし、これから車の購入を考えておられる方は、次に買い替えるときのことを考えて、売却時の値段が高くつきそうな車両を選択するべきです。

そうは言っても、業者で常にオートオークションの価格を目にできる方は少ないでしょうし、業者の方々でも1年後に何の車種が人気で高く売却できるかということは不透明でしょう。
そこで、アフリカのマーケットに注目することが重要です。
日本から新車・中古車は数多く輸出されていますが、多くの車両が輸出されているにも関わらず、未だにマーケットが完全に開かれていないのがアフリカです。東アフリカのケニアやタンザニアはかなりの現代化を遂げ、先進国に見劣りしない環境になりつつありますが、西アフリカの方は未だに先住民族が多い地域ばかりです。しかしながら、アフリカには多くの車が輸出されております。これからさらに文明化が進めば、また多くの車が輸出されます。
アフリカで人気なのは、とにかくトヨタの車です。トヨタのパーツであれば、修理時にパーツが揃いやすいという点が強みとなっています。

 

 

そうは言っても年式規制がありますので古い車種は出せませんが、8年落ちであれば輸出できます。そこで我々は、8年後に車を買い替えるという点を踏まえ、またトヨタ車を購入すればいいのです。
上手くいけば、買ったときの値段と同じぐらいの価格で売れることもあります。
そうは言いましても、我々にも好みはありますし、購入する車が中古車であれば限られた年数しか乗れませんし、数年先のお財布事情もわかりません。あくまで一つの手段ではありますが、ただ、その時のコストパフォーマンスだけではなく、先々の売却価値を考え、車を購入するのも賢い選択の一つと言えるでしょう。

 

事故車買取相場|買取額の徹底比較はこちらから!